ぷかぷかオーガニック菜園より

ぷかぷかりんごでは、小さな畑とともに暮らしています。
殺虫剤や化学肥料などを使わず、草刈りして出た枯れ草や、お野菜の皮や根っこなどを堆肥箱で熟成させて栄養分にしています。
堆肥箱も流木や廃材で作ったリサイクル。

お野菜を育てながら、大地も育てるということを忘れてはなりません。
「土」はとっても大切なのです。

理想はあれど、大量のカタツムリたちや、バッタくん、はらぺこあおむしくん、ヒヨドリさんにイノシシさま・・・に泣かされること数知れず。
とはいえ、苦難を乗り越え、育ってくれたお野菜たちを収穫するときの喜びはひとしおで、その味はもう、何と言いますか、力強く、しっかり「うまい!」のであります。
特に緑色なお野菜が大好きな私にとって、この季節は「緑」食べ放題という至福の季節なのです。

種も1代限りのF1ではなく、固定種を購入し、うまくできた時とは、ちゃんとタネも採種して、翌年に育てています。

ちいさなちいさなぷかぷか菜園のお野菜たち、加計呂麻へお越しの際はぜひご賞味くださいね。

クルクルクルクルリサイクル。
小さな循環を無理なく楽しみながら、持続可能な暮らし目指して、日々を紡いでおります。


パタゴニア