小粒でピリリと辛いかわいい子たち

夏のぷかぷかガーデンは、ちょっぴり手が回らず、草がぼうぼうになったり、お日様に照らされ続けて、カラカラになったり、お野菜ハーブ達には過酷な思いをさせています。

が、たくましい植物たちはそんな未熟な私の扱いを気にする様子も無く、すくすく育ち、恵みを分けてくれています。

今日は島トウガラシの大収穫。
こぼれ種から芽が出て、しっかり大きく育ちました。
可愛いけれど、どうにもこうにも辛い辛いこの子たち。
酢に漬けたり、干したり、じっくり保存食へ変身してもらって、これからの食卓を支えてもらいましょう。

雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、植物もお魚も虫も鳥も、生き物たちは命を全うし、恵みを与えてくれています。

楽しい時はパワーを加速させてくれ、しょんぼりした時にはトピリリとお灸がすえられて、ハッと目が醒めたり。
おかげおかげのぷかぷかりんごは、日々植物にも助けられ、教えられることがたくさんあります。

いよいよ明後日には加計呂麻を出発。
夏休みの楽しい思い出、悲しい出来事、いろいろあってもなくても日々は繰り返され、泣いても笑っても日はのぼり、小さくても一歩一歩、歩を進めるのであります。

せっかく歩くなら少しでも楽しいほうがいいよね。
なんて。
たくさんの想いを抱えて、次なる旅へ。

8月19日から10月4日まで、ポリネシア遠征のため、加計呂麻島でのご案内をおやすみさせていただきます。10月5日以降のご予約はメールで受け付けております。ネット環境が不安定なため、ご返信を待たせすることもありますが、お問い合わせはお気軽に!
ぷかぷかりんご


パタゴニア