おひさまに感謝の1日

今日はおひさまポカポカ、最高の1日でした。
台風で枯れがれしていたブーゲンビリアもかなり元気に復活し、綺麗なお花を咲かせてくれています。

こんな日は、お洗濯、畑、海、とやりたいこと三昧。

まずは洗濯機さんにゴロンゴロンと働いてもらってる間に、畑の見回り。



ぷかぷかガーデンは、グリーン祭り。
我が家の食卓をカラフルにしてくれる、大事な大事なお野菜たち。
ありがたいことに冬は葉物がよく育つので、葉っぱラブなわたしは畑仕事により一層チカラが入ります。

カタツムリや嵐のような強風を乗り越えてくれた、大好きなコマツナちゃんにも後光がさし、ありがたや、ありがたやと見回りという名の’’お参り’’を終え、お洗濯も干し終わったら、次は海。

サンゴの観察とトレーニングを兼ねて、たっぷり素潜り。


帰ってきたら海へ薪を拾いに行って、五右衛門風呂を沸かします。

星空見ながらお風呂に入り、風呂に入っている間に薪ストーブでコトコト煮物が出来上がる、という幸せ。


明日の午後からはまたまた海が大時化&雨予報。
ひょっとしたら明後日までフェリーが止まっちゃうかも、、、なくらい荒れそうな予報です。

そうなると、届く予定の荷物が来なかったり、泳ぎにはもちろん行けないし、洗濯物も乾かないし、薪も湿っちゃうからお風呂を沸かすのにも苦戦します。
ひどい時は1週間くらいおひさまを見てない、、なんてことも。

予定通り、思い通りにはいかないもの。

来るべきチャンスを生かして、がんばらず無理せず楽しく暮らす。
アンハッピーがあれば、ハッピーが際立つ的な。

これが、ぷかぷか的ゆるゆる加計呂麻島暮らしの極意なのではないかと、愚考する1月でした。




パタゴニア