シュノーケリング

2/3ページ

鳥さん観察は水遁の術で

  • 2019.02.11

ご存知の方も多いかもしれませんが、加計呂麻は野鳥たちの楽園です。 渡り鳥も多く飛来するので鳥さんで季節を感じることも多いです。 朝起きて、ぼやっとお庭に出るとアカヒゲがチョロチョロしていたり、キツツキの仲間が立木をコツコツしていたり、睡蓮鉢でメジローズが水浴びしていたり、お庭の水路をクイナがペチャペ […]

カメに付くからカメフジツボなんですって

  • 2019.01.21

今日は、ウミガメ、、、ではなく、カメフジツボ(学名:Chelonibia testudinaria)をご紹介します。 初めて耳にされる方も多いかと思います。お恥ずかしながら、私もこの子に会うまでは存じ上げませんでした。 先日、海で泳いでいるとー6m付近のサンゴの陰で一休みしているアオウミガメさんを発 […]

みんなと海で過ごす日々

  • 2018.10.15

ようやくいつもの海三昧な日々が戻ってまいりました。 透明度も高く、海水温も26〜27℃と快適に泳ぐことができる大好きな季節の到来です。 私たちの大好きな季節は、ゲストの皆さんにとっても大好きな季節。 元気な笑顔に再会できることは、何よりの喜びかもしれません。 私たちの旅の報告をしたり、みなさんの近況 […]

宝石箱のような海の中

  • 2018.08.02

台風12号ジョンダリさん、まさかの南下に加えて、まさかまさかのグルッと1回転。 日本列島ズバッと縦断、そして1回転。 酷暑も豪雨も、7月の毎週台風、そして今回の台風南下も「今までにない」ことの連続です。 宝石箱のような加計呂麻の海。 台風後に海に入ると、大きなサンゴ岩が削られゴロっとひっくり返ってい […]

お魚村潜入!

  • 2018.07.26

夏になるとテンジクダイの仲間が爆発的に増え、海の中はますます華やかになります。 サンゴの根に息を潜めてそおっと潜り、お魚村へお邪魔します。 サンゴの隙間に卵を産みつけているお魚たち、藻をガリガリかじって食べているお魚たち、中層を漂いながらプランクトンを食べてるお魚たち、サンゴの隙間から出たり入ったり […]

上から見るか下から見るか

  • 2018.07.16

息を止めて 海に潜り 生き物たちとそっと向き合う 私は陸の生き物で 彼らとは住む世界がまるで違う 私は海では生きられないし 彼らは陸に上がれば干上がってしまう 私が息を止めていられる時間なんてたかがしれている けれども、覗いてみたくてたまらない サンゴから発せられるプクプクあわ粒 お魚たちのガリガリ […]

アマミホシゾラフグくんのお家づくり

加計呂麻でアマミホシゾラフグの産卵床を観察してきました。 手のひらにすっぽり収まるほどの小さな小さなオスのフグくんが、直径2m近くもあるこんな素敵なお家を作るなんて、何度見ても感動します。せっせと巣作りする様子は、なんとも健気で力強いものなのです。 何の音も聞こえない静かな静かな海の底。 素潜りは、 […]

2018年始まりました

  • 2018.01.03

新年があけましたね。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 こちら加計呂麻ぷかぷかりんごは、今年も健やかに新年を迎えることができました。 昨年も数え切れないほどのたくさんの素晴らしい出会いがあり、素敵なみなさまのおかげで充実した日々を過ごすことができました。 心から感謝するとともに、2018年もどんな […]

加計呂麻島での健全な過ごし方

  • 2017.11.15

本日、無事にスキンダイビングスクール終了。 2日間熱心に練習を重ね、cuteなマーメイドが誕生しました。 これからも安全に楽しく、海と仲良く過ごしてもらえますように。 がんばったおじょうさんに、加計呂麻が素晴らしい夕焼けをプレゼントしてくれたようです。 たっぷり練習した後の絶景はまたひとしお。 しっ […]

冬の海のおたのしみ

  • 2017.01.24

静かな海の中、じっくりサンゴをのぞいてみると、 微細で不思議な世界に入り込み、 ぼんやりゆらゆら、いいきもち。 サンゴたちものんびり触手を伸ばして、ゆらゆらゆらり。 運がよいとホエールソングが聞こえたりして、 冬ならではの海の楽しみ、たくさんあるよ。

雨のち晴れーミスターAの逆襲。

  • 2016.11.18

みなさんこんばんは。 11月も半ばを過ぎ、都会の街は年末・クリスマスに向けて華やかななか、冬支度に勤しまれている頃でしょうか。 こちら加計呂麻、一時期すこしひんやりと秋らしくなったものの、ここ数日、昼間はピカピカあつ〜い太陽が輝き、まるで夏のような日々が続いています。 さて、みなさんは雨女(もしくは […]