大きな樹の下で思うこと

人生は困難と苦悩で満ち満ちているのですが、きらりと光る楽しみがあることもまた事実。

大きな大きな樹の下で、ふと立ち止まると不思議な心持ちになることがあります。

台風の時は、我々島暮らしはほぼ全てがストップするので、万全整えたらあとは天にお任せで、ある種のケセラセラ感がありますが、都会暮らしはそうもゆかないことも多いでしょう。

私たちもその便利さの恩恵を受けてはいるのですが、場合によってはちょっと不便なくらいでいいかな、なんて思ったりします。

便利はみんなの大変の上に成り立っているのだな、と、こんな時は殊更に考えてしまいます。

何はともあれみなさま、ご安全に、1日も早い復旧を祈っています。


パタゴニア