加計呂麻島ビーチランチ:海の恵みが飛び込んでくるの巻

加計呂麻島ビーチランチ:海の恵みが飛び込んでくるの巻

梅雨の明けない加計呂麻島は、強風・曇天・たまに豪雨な日々ですが、たまには奇跡的に晴れることもある。
この日は、「晴れ神様(!)」こと奄美人のinaさんが来てくれることになっているので、やはり予想通りの晴れ!そして見事な凪。

と、いうわけで、か〜なり久しぶりにシーカヤックで外洋を漕ぎだすことができたのであります。

天気は上々、海の透明度も最高、そんなウキウキモードで漕ぎ出してすぐ、事件は起こりました。

ぷかりんご「いや〜、最高のお天気ですね〜」
inaさん「ほんと!ほんと!最高すぎる〜」(ウキウキが溢れている模様)
ぷ「透明度も−30m超えてるかも!!梅雨とは思えない!やっぱりinaさんのおかげですね〜」
i「いや〜。ま〜、天気ならまかせてくださいよ。なんて、またハードルあげちゃった!おほほほほ」(あながち自信がないわけでもない様子(笑))
なんて、ゆる〜く女子会的シーカヤックを楽しんでいたところ・・・


ばちん!!ビタビタビタビタッ!!

「きゃーーーっ」

背中にバチンと何かがぶつかったと思ったら、ベチベチと暴れる感覚。
しかもシーカヤックの後方で、ザブザブとまだ何かが追いかけて(付いてきて?)水面もザワザワ。

いやん、何事?!

と、恐る恐る振り返ると・・・

ジャーン。


メアジくんが私の背後に!


いや〜、びっくりしましたねえ。
メアジが自らシーカヤックに飛び込んでくるなんて。
以前、キビナゴが飛び込んできたことはあったけれど、メアジサイズはさすがにびっくり。

元気一杯。さて、どうしたものか。
このまま海へ返す?それとも食べちゃう??

全会一致で「ランチで食べよう!」と即決。
となると、美味しくいただくにはすぐに締めないと、ね。
釣りの用意は何もしてきていないので、その場で手締めするのである。

とぅとがなし。

ブインのガティンはマーサっちょ

と、言われても、なんのこっちゃわかんないですよね。
島の方言は本当に難しくて、興味深いもの。
しかも、地域で少しづつ違うのがまた面白い。

「ブインのガティンはマーサっちょ」の意味は、「新鮮なメアジは美味しいね」


ブイン=新鮮な・・・冷蔵庫などない時代、魚は塩漬けや味噌漬けなどで保存されていたので、「無塩」=新鮮なことから、ムエン・ムエン・ブエン・ブインと変化したとかしないとか。
ガティン=メアジ・・・加計呂麻ではガティンと呼びますが、奄美市あたりはガツンというそう。余談ですが、加計呂麻ではマガキガイはテラダですが、奄美市あたりではトビンニャ、などなど固有名詞も違うのがなんとも興味深いではありませぬか。
マーサ=美味しい・・・これは割とどこでも共通な言葉。マーサムン

島人がご一緒のおかげで、島口(方言)談義のにも華が咲き、あっという間のランチタイム。
残念ながらお魚調理の写真を撮り損ねましたが、4人で仲良くわけわけして美味しくいただきました。

ウミガメの産卵跡を観察したり、ビーチコーミングを楽しんだり、透明度の高い海でたっぷりシュノーケリングをしたり、ボリューム満点な1日。

豪雨で庭が田んぼになったり、雷が落ちて電化製品が壊れたり、水が止まったりもするけれど、愉快な珍事件があってこその加計呂麻島暮らし。

明日は何が起こるかな。


癒しの島旅いかがですか

CTA-IMAGE 本格的なのに、やさしいシーカヤック&シュノーケリングのアウトドアツアーです。 都会の喧騒を離れ、奄美大島のその先にある加計呂麻島まで足を運ぶ。 そこには、ゆるやかに流れる空気と美しい自然だけがあります。