加計呂麻島シュノーケリング|砂漣に何が見えるか。

シュノーケリング

3月も半ばになりました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
わたくしpukapukaringoは、今日も砂浜でお散歩するヤドカリさんを眺めたり、波間をぷかぷか揺蕩っております。


ヤドカリも目覚める季節です。

海にぷかりと浮かんでみれば、砂漣(すなさざなみ、あるいは砂紋(さもん))に差し込む光に目を奪われ、なんにもない世界に何かが見える気がしたりして。

波が作り出す砂漣に光が射し込み、水面には砂紋が写り込む。
どちらが上でどちらが下か、どちらがどちらに写っているのだろうか、などと考え込むでもなく、ただ無心になって波に身を委ねてみると、何かが見えるような見えないような、いや、なんにも見えなくとも、なんとも言えない心地よい感覚に包まれるのだから、たまらない。

寄せては返す波によって作られた自然の造形。
大物や珍しい生き物がいなくとも、作為のない美しさに心惹かれるのです。

砂紋・砂漣に何を見る?
タイトルとURLをコピーしました